紫外線ケアとフリーラジカル

紫外線は肌には大敵であるとよく言われます実際それはその通りで紫外線には2つの問題点があるのです1つ目の問題点はフリーラジカルですやや専門的な用語ですが要するに肌の中にある健康成分を破壊してしまう物です体の中のフリーラジカルの量が多くなってしまいますと健康成分が減ってしまうと言われています具体的にはコラーゲンです体の中では常にコラーゲンは生成されていて若返りの効果もありますコラーゲンの生成量が増えてくれる方が肌もみずみずしくなるのですそのコラーゲンの大敵はフリーラジカルなのです肌に紫外線が照射されてしまうと体の中でフリーラジカルが作られてしまいコラーゲンが壊されてしまうイメージですですからスキンケアに関心があるならあまり紫外線に当たるべきではありませんそれと2つ目はシミを作り出してしまうからです春先になりますと肌のシミが気になってしまう事があるでしょうその原因の1つは上述の紫外線なのですやはり冬の時期と比べると春は紫外線の量が多くなります少なくとも日射量は増加しますから肌に当たる紫外線の量も増えてしまってシミも増加してしまう訳ですそれも考慮すればやはり肌には紫外線は大敵ではありますただ実は紫外線に全く当たらないのも問題なのです確かに肌に対する過剰な紫外線は良くありませんが紫外線によるダメージの受けやすさを考慮するとあまり当たらないのも問題と言われていますというのも人間の体には慣れる性質があります紫外線が少量だけ当たる分には人間の体はそれほどダメージを受けませんむしろ体の中で免疫ようなものが生産されて紫外線に強くなるのですつまり多少は紫外線を浴びておく方が肌も健全な状態になりやすいのです確かに浴び過ぎは問題がありますが全く紫外線に当たらないのもまた問題がありますそもそも外で体を動かさないと肌にもあまり良くありません紫外線ゼロを目指すというより短時間だけ当たることも心がけてみると良いでしょう