化粧水には本当にコットン?

多くの女性はスキンケアの際にコットンを使っていますコットンには確かに色々なメリットはあるのです例えばこぼれてしまうリスクですそもそもコットンをどうやって使うかというと化粧水の浸透です若干の化粧水をコットンに染み込ませてあげると化粧水がこぼれてしまう心配はありませんそれと塗りムラです化粧水などは顔の幅広い箇所にムラなく塗ってあげる必要がありますしかし実際に塗ってみると多少のムラができてしまう事も多いのですそのコットンは便利ですコットンに染み込ませて化粧水を塗る方が全体に満遍なく塗れる傾向がありますですが肌がデリケートな時は実はコットンはあまりすすめできません確かに便利なのですが残念ながらコットンは刺激も少々強めになります特にコットンで叩く時の強さは要注意ですあまり強く叩いてしまいますと肌に大きな刺激が加わってしまうので肌トラブルが生じてしまう事がありますそれとコットンと肌との相性です敏感肌の方々の場合一部のコットンとの相性があまり良くないことがありますそれは肌トラブルの原因になるのですこのため多くの女性はコットンというより手でスキンケアを行っていますそもそも手で肌に触れる分にはそこまで大きな刺激が加わる訳ではありませんそれと手で直接化粧水を塗るのは肌の状態を確認できるメリットがありますコットン越しに肌に触れていますと肌触りなどは今ひとつ分かりづらい事がありますしかし手で直接触れれば肌の質感も確認できるでしょうそれと手の温もりですコットンと違って手には若干の温もりがありますやや温度が高い状態で化粧水を使ってあげる方が効果が高められやすいのです特に値段が高めな化粧水ほど手の温もりで効果が発揮されやすくなると言われていますですから顔に化粧水などを使う時はコットンというより手がおすすめです